JavaScriptを有効にしてください

JavaScriptを有効に出来ない場合は、サイトマップをご参照ください

ページの先頭です

事業モデル

Real Estate × Finance

不動産と金融の融合により生み出される付加価値

みずほリートマネジメントは、不動産と金融各分野で培ったノウハウを活用し、中長期的な「安定性」と「成長性」を重視したREITを運用しており、当社、みずほリアルティOne、およびみずほリートマネジメントにおける不動産ファンド運用の相乗効果を高めています。

事業モデルイメージ

Strength

多彩なパイプライン

・スポンサーたるみずほ信託銀行の広大なグループ顧客基盤、情報ネットワーク、信託銀行ならではの不動産情報へのアクセス力の活用

・投資法人のサポート会社であるみずほ不動産投資顧問が有する、みずほリアルティOneグループの私募ファンド事業で培われた独自のネットワークの活用※

多彩な不動産情報の獲得による
不動産売買マーケットのみに依存しない
ソーシング活動の実施

※不動産マーケットにおいて、不動産ファンド、金融機関、建設会社/デベロッパー及び事業会社等からの独自情報を収集することが可能。

金融系ならではの厳格な内部管理・リスク管理と安定的な財務基盤

・みずほ信託銀行をメインスポンサーとするリートとして、柔軟で機動的な資金調達と安定的な組織基盤を構築

・利益相反取引管理や情報管理等を、金融グループならではの厳格なルールに基づき遂行

価値に直結するAM×FMの付加価値の創造

みずほリアルティOneのファシリティマネジメント部は、総合建設会社・設計事務所出身者をはじめとするファシリティマネージャー(FM)の専門家集団です。リート運用において、このような専門チームからのサポート体制を活用できることがみずほリートマネジメントの特徴でもあり、強みとなっております。

当社投資運用部門のアセットマネージャー(AM)にも建築の専門家が在籍しており、金融・不動産・建築のノウハウ豊富なメンバーが、双方に在籍することにより、機能・デザイン・コストを満たすバリューアップが実現できると考えております。

アセットマネージャー(AM)と建物(ハード面)における専門的な知識・経験・スキルを有するファシリティマネージャー(FM)が常に連携して運用することによって、「テナント満足」と「投資主価値の最大化」を実現します。

AM  ×  FM

下向き矢印

収入の安定化・最大化  ×  コストの最適化

下向き矢印

テナントおよび投資主にとって最適な付加価値創造の実現

取組事例

Jタワー (Oneリート投資法人、2017.10.06売却)

立地上、周辺に飲食店舗が少ないことから、Jタワー内の食堂をリニューアル実施しました。ラウンジ機能を持たせることで共用部としての充実化を図り、テナントの満足度向上および周辺ビルとの差別化を実現出来たことで稼働率向上につながる取組みとなりました。
なお、本リニューアルについては、「コージーなラウンジ空間」のデザインコンセプトが評価され、商店建築2015年12月号に掲載されました。

Jタワー (Oneリート投資法人、2017.10.06売却)写真

ストークビル名古屋(Oneリート投資法人)

Oneリート投資法人のブランディング戦略(ONEST)の1号案件としてリニューアル工事を実施中です。
(2018年1月現在)

ストークビル名古屋(Oneリート投資法人)ビフォー・アフター

Principle

私たちの強みである「付加価値創造力」の根底には「ものづくりの発想」があり、これは当社が運用を受託する投資法人の基本姿勢となっています。

ロゴについての説明イメージ
ロロゴマークの寸法の縦横比ついての説明イメージ
投資法人のロゴマークの由来

投資法人のロゴマークを形成する二本の屈曲した線は、当社が運用を受託している投資法人の基本姿勢である「ものづくりの発想」にちなみ、宮大工の重要な道具である「指矩、差し金(さしがね)」を表しました。
向かい合う二本の指矩(さしがね)は、それぞれ「不動産」と「金融」を表し、リートとして「不動産」と「金融」が一体の要素であることを象徴しています。

また、左下から右上にかかるスリットは「右肩上がりの成長・発展」を表現しており、「ものづくりの発想」を根幹とする投資法人の資産運用を通じて、投資主価値の持続的な成長のみならず、社会を含めたあらゆるステークホルダーに対して付加価値を提供し、不動産市場の健全な成長と発展に貢献する存在になるという決意を込めています。

なお、ロゴマークの寸法の縦横比は、実は(1:1.414(√2))となっておりますが、これは日本では昔から白銀比としてよく使われており、法隆寺など日本の建築物にも取り入られているものです。

ロゴマークのデザインにも白銀比を取り入れることで、投資法人の基本姿勢である「ものづくりの発想」を表すとともに、「One」の「O」を意識したデザインとなっております。

Vision and Strategy

理念

Oneリート投資法人は、資産運用会社およびスポンサーと一体となって、市場の先を読む視点・これまでに培ってきた知見・高度な金融ソリューション力で投資主のみならず、あらゆるステークホルダー、そして社会に対して「付加価値を創造」し〈豊かな実り〉を提供するとともに、独自性のある投資法人として不動産市場の健全な成長と発展に貢献する存在となることを目指します。

投資方針

Oneリート投資法人は、中長期的に安定した収益の確保と運用資産の着実な成長を目指して、市場規模が相対的に大きく、多くの取得機会が見込め、また中長期的に安定した賃貸需要が見込めるとともに資産運用会社の知見・経験を充分に発揮できるミドルサイズ※のオフィスビルを重点投資対象としています。

※ミドルサイズオフィス(Middle-sized Office)とは
ミドルサイズのオフィスビルとは、延べ床面積が概ね3300㎡(約1000坪)~33000㎡(約10000坪)の範囲に属し、入居するテナントのニーズを充足する一定のスペックを有する中~中大規模のオフィスビルを指します。

ミドルサイズオフィス
3つの特徴

1.豊富なストック
2.売買における流動性の高さ
3.平均稼働率・賃料単価の安定性

Branding

テナントに選ばれるビルの創造

Oneリート投資法人が保有・運用するオフィスビルについて、テナントの「安心」「快適」「便利」を実現するためのスペックを定め、
「ONEST(オネスト)」ブランドを広く市場に普及させることで、既存ビルストックの改善・発展に貢献したいと考えています。

『ONEST』(オネスト)(「ONE(独自性・唯一の)」+「BEST(最善の)」)×「誠実さ」

Oneリート投資法人HPへ

Vision and Strategy

理念

Oneプライベート投資法人は、スポンサーであるみずほ信託銀行からの各種サポートと上場リートの資産運用実績がある当社、サポート会社であるみずほリアルティOne、およびみずほ不動産投資顧問の総合的なサポート力を最大限に活用して、エリア分散された「住宅特化型ポートフォリオ」から長期的かつ安定的な収益を確保しつつ持続的な成長を図ることを目標とし、投資主価値の最大化を目指します。

投資方針

Oneプライベート投資法人は、他のアセットタイプと比較して景気変動の影響を受けにくい賃貸住宅を中心に、賃貸住宅およびアコモデーション施設(※)を投資対象としています。

※ アコモデーション施設とは、学生マンション、社員寮、ヘルスケア施設やホテル等、純粋な賃貸住宅以外の居住の用に供する不動産を指しております。

Branding

CASSIAに込めた想い

CASSIAロゴ画像:「CASSIA」とは、家を意味するスペイン語の「CASA」と、当社の親会社であるみずほリアルティOneの旧名称である「SIA」を組み合わせた造語です

「CASSIA」とは、家を意味するスペイン語の「CASA」と、当社の親会社であるみずほリアルティOneの旧名称である「SIA」を組み合わせた造語です。
ロゴマークは、窓をモチーフに頭文字の「C」を表現しています。

Oneプライベート投資法人HPへ

Page Top
ページの先頭へ